[オンデマンドセミナー] 研究費・経費管理のデジタル化から始める大学経営改革
~民間企業のベストプラクティスを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)~

多くの大学では、教育・研究に不可欠な出張旅費や物品購入に関する申請・精算処理を多くの紙と手作業により行われています。

これらのアナログ業務のデジタル化は、業務の効率化、不正抑止の高度化や経費の可視化を実現し、大学経営の改革に大きく貢献します。

バックエンドとして見過ごされがちな経費管理業務は、改革のポテンシャルが高く民間企業では大きく注目されている領域です。

SAP Concurは、国内時価総額TOP100社のうち46社にご利用いただくなど国内外でNo.1の導入実績を誇る経費精算クラウドサービスであり、多くの民間企業のDXと経営改革に貢献して参りました。

弊社では、これらの事例を大学様にご活用いただくために慶應義塾大学様及び横浜市立大学様と実証実験を行いました。

本セミナーでは、研究費・経費管理のデジタル化に向けた民間企業のベストプラクティスを活用する方法を、実証実験の結果を交えてご説明いたします。



アジェンダ:(全30分)
①民間企業における導入事例
②大学マーケットへの取り組み
③研究費・経費管理のDXに向けたご提案


スピーカー:
株式会社コンカー 戦略事業開発本部 セールスエグゼクティブ 中小企業診断士 原健一郎


開催形式:
オンラインでの聴講形式です。 自席やご自宅などで、インターネットにつながる環境(PC、タブレット、スマートフォンなど)をご用意いただき、メールにて送付されるリンクをクリックしてご視聴ください。


参加費用:無料





皆さまのご登録をお待ちしております。

お問い合わせは下記までお願いいたします。
SAP Concurセミナー事務局
E-mail:info_japan@concur.com
TEL:03-4570-4666(受付時間10:00~18:00)
お客様情報の入力をお願いします。