第4回Back Office Heroes ミートアップ

RPAによる業務革新の現実と未来

最近よく耳にするようになり定着した「ブラック企業」という言葉。劣悪な労働環境による問題がニュースを騒がせ、2018年には働き方改革関連法案が成立しました。一方、経営側も人手不足から業務効率化の優先度を上げています。旧態然とした業務プロセスや働き方にメスを入れるデジタル化の潮流は、待ったなしの状況です。

そんな中、利用が進んでいるのがホワイトカラー業務をロボットに代行させるRPA(Robotic Process Automation)です。

今回のミートアップでは、RPAの活用に造詣が深い二人をゲストにお招きし、どのように変革を進めていけばよいのか、様々な事例や実践による失敗と成功を取り上げながら、議論を進めてまいります。

  • なぜ、RPAが期待されているのか?
  • 成功と失敗 – 実践した人だけが分かるしくじりポイント
  • やらなくてよくなった作業をしていた人はどうなるの?
  • 現場のRPA利用とIT部門による管理の付き合い方は?

.......など、実践していく上で様々な観点があるでしょう。あなたが気になることを登壇者にドシドシぶつけてください。

最後には、登壇者に加え、同じような課題を抱える方たちとネットワーキングする場もございます。

「現状の業務を何とか効率化したい」「自動化で生産性を上げたい」、そして何より「社員をハッピーにしたい」と考えるバックオフィスのリーダーの方々のご参加をお待ちしています。




アジェンダ:

18:30-19:00 開場

19:00-19:05 ご挨拶

19:05-19:45 パネルディスカッション

パネリスト

AA-sakurada_100x125.jpg

株式会社アカウンティング アドバイザリー
マネージング ディレクター
日本CFO協会主任研究委員
デジタルテクノロジー部会幹事(旧AI・ロボティクス部会座長)
櫻田修一

1985年に外資系監査部門に入所、監査部門での8年間の会計監査業務および株式公開支援業務を経て、同ビジネスコンサルティング部門に転籍。経営・連結管理、会計分野を中心とした経営・業務改革コンサルティングおよびERPシステム導入コンサルティング、プロジェクトマネジメントを手がける 。

2010年に創業メンバーとしてアカウンティング アドバイザリーを設立。現在はIFRS財務諸表作成・導入コンサルティング、過年度遡及修正支援、さらにはERP導入構想策定支援、経営管理・連結会計システム導入など会計関連プロジェクト実行支援サービスを提供している。

デジタル・テクノロジーの進歩により財務・経理人材は何処を目指すべきか、という視点からAI・ロボティクスに取り組んでいる。

DIP-shindo_100x125.jpg

ディップ株式会社
次世代事業準備室 / dip AI.Lab室長
進藤圭 氏

早稲田大学を7年かけ卒業後、ディップに新卒入社。営業職、ディレクター職を経て、開始後3年で15億円の売上に成長した看護師人材紹介「ナースではたらこ」事業化など、40件以上のサービス企画に参加。現在は新規事業責任者、メディアではアニメの舞台めぐり「聖地巡礼マップ(https://seichimap.jp/)」、人工知能ニュース「AINOW(http://ainow.ai/)」、スタートアップニュース「StartUpTimes(http://startuptimes.jp/)」チームを担当。

アクセラレーターでは「AI.Accelarator」「HR-HackFund」「Gakucelerator」を運営、「ASAC」青山スタートアップアクセラメンター、「OIH」大阪イノベーションハブメンター、「kansAI0.6」関西AIアクセラレーターメンター。

投資担当としての投資先はhachidori、GAUSS、JOLLYGOOD、Foxsy、Oceans、Tutorial、Business Hubなど。文科系な活動ではTBSラジオ「好奇心家族」ニュース解説者、「いちばんやさしいRPAの教本」(http://amzn.asia/d/9XwDhrC)を出版。

19:45-20:00 Q&A

20:00-21:00 ネットワーキング(懇親会)


開催日時:
2019年1月21日(月) 19:00 - 21:00(受付開始:18:30)

開催場所:
株式会社コンカー 東京本社 セミナールーム
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 8F(地図

参加対象:

  • 経理・財務・経営企画・総務・人事・ITなどのご責任者様
  • 業務効率化・コスト削減等についてご検討中・情報収集中の方
    ※応募多数の場合、抽選とさせていただく場合があります。
    ※競合企業の方の参加はご遠慮いただいております。

参加費用:無料

メディア協力:


皆さまのご登録をお待ちしております。

お問い合わせは下記までお願いいたします。

SAP Concurセミナー事務局
E-mail:info_japan@concur.com
TEL:03-4570-4666(受付時間10:00~18:00)

お客様情報の入力をお願いします。